HOME > 珠玉の言葉 本棚 > 本棚81 2頁


 
 しかし、それも束の間の昨年10月、台風19号で路線の7割が不通となり、やっとの思いで復旧させて、今年3月、「さあこれからと思ったら、列島にウイルスが広がっていた」と、コロナ禍で運賃収入は大きく落ちこみ、経営は厳しさを増しました。
 それでも、三陸鉄道社長は鉄道会社40社が加盟する協議会の会長に就任し、新たな集客企画に邁進しています。震災、台風、コロナ禍と「これでもか」と襲う危機。その逆風にも挫けない、不屈の精神は見事です。
『三慧経』に、
「楽を得るもよく道を行じ 苦を得るもまたよく道を行ぜば
 楽を与うべし 苦を与うべからず」
と説かれ、楽な時にも、また途方に暮れるような苦難にある時にも、変わることなく「道を行じ」続けるところに、人は楽を得ると教えます。
 娑婆の悩みや苦労があっても、否、あるほどに、仏縁に触れさせて頂く。そのことで不思議と心が軽くなり、元気づけられた経験を持つ方も多いことでしょう。道を行じた先にこそ、光明が射し、人生の幸せが得られることを教えられます。



文・南 省吾

本棚81 1頁