HOME > 珠玉の言葉 本棚 > 本棚36 1頁


 二十世紀に平和主義と反ファシズムを唱えたフランスの作家で、ノーベル文学賞を受賞したロマン・ロランの言葉です。
 大きな石を積み上げて築いた、あのピラミッドでさえ、その土台を作った人々の地道な苦労がなければ、決して完成することはないことに喩えて、
「地道な苦労と努力の積み重ねこそが大事を成すものだ」と語りました。
 平成27年9月に鉄道発祥の地イギリスで、大手電機メーカー「日立製作所」が、鉄道車両の製造から保守点検事業までを受注し、海外では初めて、高速鉄道の車両工場を完成させたというニュースがNHKで報じられました。これまで欧州の鉄道事業は欧米三社の独壇場で、最近では、中国の鉄道メーカーも力をつけて、世界で激しい受注合戦が繰り広げられる中、競合他社を抑えて日立製作所が受注した理由は、
「IT技術の活用により、日本が誇るものづくりの品質を海外でも実現しよう」という戦略にあったといいます。
 高速車両の生産現場では些細なミスが大事故につながりかねず、高い作業品質が求められます。そのことを実現するために、一台あたり千本以上の数種類のネジの締め付け作業には、センサーを取り付けた特殊工具を開発して、締め付け強度をタブレット端末で管理したといいます。また、ドアやワイパーにもセンサーを組み込んで、収集した測定データを活用し、従来は経験と勘に頼っていた部品の交換や修理の効率を高めることができたとしています。

本棚36 2頁