HOME > 珠玉の言葉 本棚 > 本棚38 1頁


 ドイツの詩人で小説家、劇作家、そして科学者であったゲーテの言葉で、
「意欲だけでは十分でない。それを実行しなければならない」と続きます。
 ゲーテはその著作を通じて、人間として生きる上で、物事を実行することに価値を置き、知識や意欲が熟すのを待っているだけでは、その機会を失し、何事も成し得ないと考えました。
 平成27年10月5日に大村智氏がノーベル生理学・医学賞、翌6日には梶田隆章氏が同物理学賞を相次いで受賞し、この明るい話題に日本中が沸きました。大村氏は膨大な数の土壌細菌を調べて新薬の候補物質を選び出し、その成果を薬として世に送り出し、感染症に苦しむアフリカ等途上国の多くの人々を救った功績が大きく評価されました。
 ある研究者によれば、「(この研究作業は)無限の数のくじの中から当たりを一本引くようなもの。強力なチームを率いて大量のくじを引き続けた」というものであり、大村氏は外出する時には、必ず小さなビニール袋とスプーンを持ち歩いて土を採取し、実際にゴルフ場の土からワクチンを作る細菌を見つけ出したといいます。
 大村氏は大学を卒業してから都内の工業高校の夜間部で教鞭を執る中、昼に働いて夜に勉強する生徒の真摯な眼差しに触発されて大学院に入学し、研究の道に進み、それからというもの、昼は大学院の講義を聞き、夜は高校で教壇に立ち、そして週末は実験に没頭する生活を続けたそうです。

本棚38 2頁