HOME > 珠玉の言葉 本棚 > 本棚06 1頁


 これは、空海上人の漢詩文集とされる『続性霊集』に出てくる言葉です。
 続けて、「教を通ずるものは道なり。道は人なきときは則ち壅がり、教は演ぶることなきときは則ち廃る」とあり、
「人を導くものは教えであり、教えのもとになるものは道である。その道は説く人がなければ塞がり、その教えを演べることがなければ衰退してしまう」
という意味をもちます。
 かつて日本は仏教国として、文化・風習・生活の中に、尊い御仏の教えが浸透しており、国民の心は、思いやりや、助け合いの精神に満ち溢れていました。しかし、廃仏毀釈、政教分離などの政策や、生活の西洋化といった時代の流れの中で、仏教精神は次第に薄らいでいきました。15年ほど前に、一般家庭を対象に行われたある調査によると、各家庭における仏壇の保有率は40パーセントにも満たない結果であったといいます。信仰の中心であり、家の大黒柱である仏壇が、多くの家庭から姿を消してしまったのです。


本棚06 2頁