HOME > 珠玉の言葉 本棚 > 本棚50 1頁


 これは「論語」にある言葉で、孔子が、
「『どうしたらよいか、どうしたらよいか』と問わない者は、私にもどうすることもできない」と、弟子に対して問うことを促したものです。
 目標を設定し、課題や解決策を見つけ出して実践していくうちに、様々な疑問が生まれます。問うことがないということは、未だ歩むべき道を見出していないか、真剣に道を求めようとしていないことの表れであり、学ぶということは能動的であるべきものと、孔子は弟子に伝えたかったに違いありません。
 日本生産性本部は、平成28年夏、新入社員への調査で、入社した会社を選択した理由として、「自分の能力・個性を活かせるから」が最も多かったという結果を公表しました。そうした若手社員に対する企業内教育において、箱根駅伝で三連覇を達成した青山学院大学の選手指導方法が最近注目を集めています。その方法とは、監督が選手を直接指導する時間を減らし、選手に自主練習を課すものです。
 練習内容も、選手それぞれが目標を定めた上で、自主的に決めます。目標は定期的に見直され、チームメイトと共有することでチーム内の役割を明確にし、自分に対する甘えや妥協を排する厳しさが生まれるといいます。



本棚50 2頁