HOME > 珠玉の言葉 本棚 > 本棚27 1頁


 この言葉は、19世紀のアメリカの発明家トーマス・エジソンの言葉です。エジソンは生涯で千件を超える発明をしたとされる天才「発明王」ですが、その一方、学歴がなく、耳にハンディキャップを持つ彼はまた、「努力の人」としても知られています。
 この言葉は、成功の影には必ず試行を重ねた末の数多くの失敗があり、そうした失敗を重ねることが成功に近づく道である、と教えています。
 去る10月1日、東京と新大阪を結び、世界で初めて時速200キロ超の営業運転を実現した東海道新幹線が、開業50年を迎えました。東京オリンピックの年に開業し、戦後日本の高度成長期の象徴とも言われた新幹線ですが、開業に到る道は苦難の連続でした。
 莫大な資金の調達、設置ルート土地買収に始まり、線路、トンネル、駅の建設、そして何よりも高速車両の開発と課題山積の中からのスタートでした。ましてや、この国家的プロジェクトである新幹線の建設に反対する世間の声も多く、技術者にとっても決して失敗が許されない大きな挑戦でした。



本棚27 2頁